コーヒーの豆知識

ブラックコーヒーのカロリーはゼロ?

ブラックコーヒーに含まれるカロリーは?

管理人
管理人

ブラックコーヒーには甘みがないため、カロリーゼロかというと、そうでもないようです。

毎日の生活にコーヒーを取り入れている方は多いと思うので、ブラックコーヒーのカロリーについてははっきりさせおきたいところ。

では解説に入ります。

ブラックコーヒーに含まれるカロリーは?

日本食品標準成分表によれば、コーヒー粉末10gで1杯150mlのコーヒーを作った場合のカロリーは約4kcalとなっています。

※一般的なコーヒー1杯の量は120~150ml

日本の食品標示では「100mlで5kcal以下のものは0kcalと表示していい」となっているので、ブラックコーヒーにカロリーはほとんどないと言えます。

ただし、コーヒーにミルクや砂糖を入れる場合には当然カロリーは上がります。

角砂糖は一個約3~4gのものであれば、一個につき約11〜16kcalのカロリーとなっています。

参照:第2章日本食品標準成分表PDF(日本語版)【文部科学省】

コーヒー豆のカロリーは意外に高い

コーヒー粉末10gで1杯150mlのコーヒーを作った場合のカロリーは約4kcalと少ないですが、コーヒー豆のカロリーは意外と高いです。

コーヒー豆100gあたりで539kcalとなりますが、コーヒー豆を焙煎、抽出する過程でカロリーが約4kcalまで下がります。

抽出前のコーヒー豆は意外とエネルギー分が含まれており、コーヒー豆をそのまま食べても問題ありませんが、好んで食べるような味でもありません。

参照:コーヒー豆の栄養素・カロリー|Eatreat

コーヒーフレッシュはミルクではない

コーヒーフレッシュはミルクではない

カフェに行くと置いてあるコーヒーフレッシュをミルクと思っている方も多いと思います。

白い液状になっているので、見た目はミルクを何らかの方法で加工したものかと思ってしまいますが、ミルクはまったく入っていません。

コーヒーフレッシュの原材料は植物性油脂(サラダ油)、増粘多糖類、カラメル素、乳化剤、PH調整剤となっています。

コーヒーフレッシュに含まれるカロリーは12~16kcalとなっているので、コーヒーに一個入れるぐらいであれば、カロリーの量は気にするほどではないです。

ブラックコーヒーの健康効果についてはこちらで詳しく解説

ブラックコーヒーにカロリーはほとんどない

ブラックコーヒーに含まれるカロリーは1杯150mlで4kcalとなっており、ほとんどありません。

また、コーヒーは消化の促進や脂肪燃焼効果もあることが認められているので、ダイエットのメニューにも適しています。

1日3杯ほどが適量とされ、飲み過ぎも体に良くないので、あなたの生活に適度に取り入れて下さい。

-コーヒーの豆知識

Copyright© コーヒーブラックの達人 , 2020 All Rights Reserved.