コーヒーの豆知識

ブラックコーヒーの健康効果!ダイエットにも活かせる?

ブラックコーヒーの健康効果!ダイエットにも活かせる?

管理人
管理人

ブラックコーヒーに様々な健康効果があることは、あなたもご存知かと思います。

この記事では、あなたにとってミラクルなコーヒーの健康効果について、具体的にまとめました。

あなたのコーヒーライフがますます楽しくなること間違いなしです。

ブラックコーヒーの健康効果

抗酸化作用・活性化酸素除去効果

コーヒーに含まれるポリフェノールは体の酸化を防いでくれます。

動脈硬化や生活習慣病の原因とされる活性酸素の発生を抑制し、予防してくれます。

活性酸素はシワやシミの原因とも言われているので、コーヒーに含まれるポリフェノールは老化のスピードも抑えてくれます。

がん予防効果

コーヒーには肝臓がんと子宮体がんの予防効果が期待できると、国立がんセンターの調査によって報告されています。

肝臓がんに関してはほぼ確実と言われていますが、子宮体がんへの予防効果は「可能性がある」との判定です。

がんは酸化した脂肪によってできた物質が原因と言われていますが、クロロゲン酸は酸化を抑える働きをするのです。

疲労回復、パフォーマンスの向上

疲労回復、パフォーマンスの向上

コーヒーに含まれるカフェインには、中枢神経系や筋肉を刺激し、集中力や記憶力を高めます。

そのことにより、肉体の疲労を回復させ、パフォーマンスを向上させる働きがあります。

しかし飲み過ぎると覚醒効果によって不眠症になるので、適度な量をわきまえましょう。

参照:カフェインのリスクを知ろう|NIKKEI STYLE

動脈硬化の予防

コーヒーを飲み続けると善玉コレステロールである高密度リポタンパクが増え、血中のコレステロールを減らしてくれます。

そのことにより、動脈硬化の予防をしてくれます。

コーヒーにダイエット効果はある?

コーヒーにダイエット効果はある?

コーヒーには消化の促進と脂肪燃焼によるダイエット効果があります。

脳の迷走神経がカフェインによって刺激されることで胃酸の分泌がさかんになり、食物の消化を促進します。

またカフェインには、脂肪を代謝する酵素であるリパーゼの働きを活性化させる働きがあるため、脂肪燃焼の効果を高めます。

コーヒーダイエットに大事なのは、コーヒーと適度な運動の組み合わせのようです。

またコーヒーの飲みすぎは胃酸の過剰な分泌により、胃もたれ・吐き気・肌荒れの原因にもなるので注意が必要です。

参照:コーヒーと健康|全日本コーヒー協会

コーヒー100mlに含まれる栄養成分

コーヒー100mlに含まれる栄養成分

コーヒー100mlに含まれる栄養成分は以下のようになります。

水分 99.5g
タンパク質 0.2g
脂質 0.1g
カルシウム 0.1g
リン 4㎎
ナトリウム 2.0㎎
カリウム 55㎎
ビタミンB 2 0.01㎎
ナイアシン 0.3㎎

参照:がんとコーヒー|大阪労災病院

コーヒーの健康効果を得るには適度な量を飲むことが大事です。

飲み過ぎると血圧上昇による頭痛や疲労の原因にもなるので注意が必要です。

一般的には1日3杯ほどのコーヒーが精神安定的にも良いようです。

ブラックコーヒーはカロリーがほぼないため、カロリーが気になる方にもおすすめです。

ブラックコーヒーのカロリーについて

ブラックコーヒーの飲みすぎは健康に悪い

健康効果の多いブラックコーヒーですが、飲み過ぎはカフェイン中毒となり、胃もたれ・吐き気・肌荒れを引き起こすこともあります。

ブラックコーヒーは1日2~3杯が適量となりますので、飲み過ぎることのないようご注意下さい。

まとめ

コーヒーの健康やダイエット効果、栄養成分について見てきました。

あなたにとって嬉しい効果も多かったのではないでしょうか?

私も日頃よく飲むのですが、パフォーマンスの向上を実感しています。

コーヒーの健康効果があなたの日常にも役立つことを願います。

-コーヒーの豆知識

© 2020 コーヒーブラックの達人