コーヒーの豆知識

ブラックコーヒーを飲むのは日本人だけ?

コーヒーをブラックで飲むのは日本人だけ?

日本ではコーヒーをブラックで飲む方も多いですが、海外ではそうではないようです。

「ブラックコーヒーを飲むのは日本人だけ」という極端な説もあるようですが、実際はどうなのでしょう?

この記事では、ブラックコーヒーは海外でも飲まれているのかを中心に、海外のコーヒーの飲み方について解説します。

ブラックコーヒーを飲むのは日本人だけ?

コーヒーをブラックのままで飲むのは日本人だけという説は半分正しく、半分は正しくありません。

アメリカはブラックでコーヒーを飲む人の割合は4割と意外に高くなっていますが、半数以上の人がコーヒーに砂糖やミルクを入れて飲んでいます。

日本ではコーヒーブラックで飲む人は多いですが、海外ではあまり一般的ではありません。

エスプレッソで有名なイタリアでは、濃厚なエスプレッソにたっぷりと砂糖を入れて飲むのが普通です。

コーヒーの生産地として有名なブラジルでも、一杯のコーヒーに4~5杯の砂糖を飲むのが主流です。

海外のユニークなコーヒーの飲み方

世界のユニークなコーヒーの飲み方

海外に行けば文化の違いから、外国人のコーヒーの飲み方が新鮮に映ることもあるかもしれません。

そこで世界のユニークなコーヒーの飲み方について、見てみましょう。

アイルランドのアイリッシュコーヒー

アイリッシュコーヒーは何とコーヒーにウィスキーが入っているんです。

目安として120ccの深煎りコーヒーをカップに注ぎ、15ccのアイリッシュウィスキーを入れます。

お好みで白ザラメ(砂糖の一種)を入れ、最後にホイップクリームを浮かべます。

アイリッシュ・コーヒーのレシピは以下のページで確認できます。

アイリッシュ・コーヒー 詳細情報 カクテルレシピ - Liqueur&Cocktail - サントリー

フランスのカフェオレ

日本でもお馴染みのカフェオレですが、フランスでは深煎りコーヒーに泡立てたホットミルクを加えます。

よりコクを出したい人は、最後にコーヒーミルクを少々加えます。

余談ですが、カフェオレの「オレ」はフランス語でミルクを、カフェラテの「ラテ」イタリア語でミルクを意味します。

フランスのカフェオレは1685年に、ある医師が医療用に発案した飲み物とのことです。

イタリアのカプチーノ

イタリアのカプチーノは、深煎りのエスプレッソに、熱いスチームで泡立てた牛乳を注ぎ入れ、お好みで砂糖を適量入れます。

カフェラテと似ていますが、コーヒーとミルクの分量や泡立て加減などの細かなところに違いがあります。

まとめ

ブラックコーヒーを飲む人の割合は日本人に多いですが、海外にはまったくいないというわけではありません。

少数派か多数派かの違いであって、海外ではミルクやシロップを入れて飲む人が圧倒的に多いという話です。

ブラックコーヒーという飲み物がどれほど定着しているかのという程度のことだと考えます。

海外にもブラックコーヒーを飲む人はたくさんいますし、日本人でもシロップ・ミルクを入れる人は多いです。

-コーヒーの豆知識

© 2020 コーヒーブラックの達人